blank

以前の記事
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
カテゴリ
全体
RTQ
Wizard
CHRONICA
その他
サブRTQ
実験
Wiz講座
資料
アップデート
0.17
Blue Moon Fes
マッピング
Hunt
Ranger
Rogue
未分類
LINK
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
汝の力を示せ
ち、ちょっと今もタイプしている手が震えますよ…。

明日の実験の為、もう一度ちょっとテストをしてみようと思い、
REDMANでMaraliに向かっていた時のことでした。

Mirithの東ゲートを出てまっすぐ上に川を上り、
森の前のたき火のある小屋を通ってMaraliというのが
私の良く使う散歩コースです。

BraやHap、Trollなんかを倒しながら小屋の前まで来た時、
向こうから人が歩いてきました。
突然すぎて一瞬それが誰か認識できなかったんですが…

(Evers): Greetings.
(REDMAN): !
(REDMAN): hi

e0007017_1047571.jpg

(Evers): I have been watching you.
(私はずっとあなたを見ていたわ)
(REDMAN): oh?
(え?)
(Evers): Seth wanted me to keep an eye on you for him.
(Sethは私にあなたを見ているように言ったの)
(REDMAN): me...?
(俺を…?)
(Evers): Aye.
(そう。)
(REDMAN): why?
(何故…?)
(Evers): You might be a good canidate for his new apprentice.
(あなたは彼の新しい徒弟の有望な候補者だからよ/candidateのタイプミスかな?)
(Evers): So he wants me to watch you and see how you are doing.
(だから彼はあなたを見張り、あなたの力を見るようにわたしに命じたの。)
(REDMAN): hm...
(ふむ…)
(Evers): I must say, you are impressive.
(私はあなたに感銘したと言うべきだわ)
(Evers): How would you feel about being Seth's apprentice?
(あなたはSethの徒弟になることについてどう思っているの?)
(REDMAN): apprentice...
(apprentice.../ガクガク震えながら必死で辞書を繰っていました(笑))
(Evers): Student
(生徒よ。)
(REDMAN): ah
(ああ!なるほど…)
(Evers): Like me.
(私のような。)
(REDMAN): oh
(おお…、俺が…)
(Evers): I was Seth's appentice.
(私はSethの徒弟だった。)
(REDMAN): i want to be
(俺もなりたいです。)
(Evers): Ah, good.
(ああ、よかった。)
(Evers): Well, he has a few wizards he is looking at.
(うん、彼は今数人のウィザードを調べているの。)
(Evers): You are one of them.
(あなたはその中の一人よ。)
(REDMAN): hm
(ふむ…。/あの人やあの人の名前が頭に浮かぶ)
(Evers): Someday you could be his student.
(近いうちにあなたは彼の生徒になれるでしょう。)
(Evers): Good luck. *smiles*
(元気でね。)
(REDMAN): :)
(REDMAN): see you
(Evers): Farewell.
(Evers): *waves*


という訳です。
BraにFire Field撃った後ばんばんSimple mindかけてたんだけど
あれも見られてたのか、と思いちょっと焦ったり(笑)
でもおとがめ無しってことはOKなプレイなのかな?

しかし、その後、見られてるってことを意識してしまうと
今までp@とかキッチリLB3発で倒していたのが
緊張して2発で逃がしてしまったり、
追いかけた先でTrollにあってグダグダになったりと、
とても格好良いとは言えないプレイになってしまいました(笑)

ともあれそんな感じです。
腕に自信のあるウィザードの方、敵の多いMarali周辺で
一人でばりばり敵を倒しながら歩いていたらEversがやってくるかもしれませんよ?
[PR]
by chronica | 2005-11-02 11:18 | Wizard