blank

以前の記事
2012年 05月
2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
カテゴリ
全体
RTQ
Wizard
CHRONICA
その他
サブRTQ
実験
Wiz講座
資料
アップデート
0.17
Blue Moon Fes
マッピング
Hunt
Ranger
Rogue
未分類
LINK
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ
カテゴリ:0.17( 19 )
リサイクル日記19
ちまちま鯖落ちしててなかなかRTQにぶつからず
暇なので適当に更新してみます。

謎の人
e0007017_81319.jpg

bankでたむろしてるといきなり不吉な事を叫んで回る人物が。
訳は「Sethに死を!」で良いのかな?(間違いっぽい)
何つー事を言うんだ、と追いかけていくと城に走っていって
王座の前でふっと姿を消してしまいました。

あみだくじ
e0007017_8133083.jpg

行列の映像はあちこちで貼られているので下準備時の映像などを。
旗を立てて貰ってるところにもモンスターはわいてくるので、早くに集まった人で排除します。
ちなみにREDMANは当たりのDSQセットでした。


e0007017_814986.jpg

やらせじゃなくて。
2匹のハーピーを倒したら画面外からまた一匹、倒すとまた一匹。

爆殺
e0007017_8144252.jpg

一度はやってみたい事。
Guardと同じで死にませんでしたが。

オシマーイ。これで手持ちのストックはゼロです。
この後017の世界がどうなったかって言うのはこちらで。
http://jinker.org/ob/end017/
Roninさんの日本語訳はこっち
http://oberin.s7.xrea.com/end017/

さあ、またVolcanoで木こりをする生活が始まるお…

[PR]
by chronica | 2010-01-13 08:22 | 0.17
リサイクル日記18
10/5
本日は24時からhawkerさん主催の売り上げ2百万gp記念ラットレースでした。
24時近くになるとスタート地点のお城前には人とねずみの山。
当然のごとくお城周辺は処理が異様に重くなって薬一つ作るのにも一苦労する有様。
e0007017_885292.jpg

(hawker): *Ready*
(hawker): *START!!*

24時の合図と供に一斉に駆け出す参加者とねずみたち。
お、重い…。
完全に先読みで操作しないと木に引っかかります。
先頭を切ったのは当然というか前回優勝者のjmanさん。
続く二番手は…同じく前回二位の私REDMAN。
鰻橋をわたって羊が原付近でだんだん差がつき、Liz前橋を渡った辺りでいつしかjmanさんを見失ってました。
ここからは一直線。
前日までに最短距離を計算していたので、このままEの方角に直進すればポータルのど真ん中に着く予定です。
e0007017_895521.jpg

しかし。
途中ラグのため木に引っかかってロス。
なおかつREDMAN、ねずみを気にしすぎたようです。
画面内からねずみが消えないように気を配りすぎたみたいで、ゴールについたときには既に2、3人ゴールしてました。
ルールはポータル付近に置かれた3つのたき火で描かれた3角形の中にねずみを入れるというものだったんですが 、4つ用意されてる三角形の内3つが埋まってました。
でね。なかなか最後の枠にねずみを入れる事が出来ずもたもたしてる内に続々と後続者が集まってきて、再び凄まじいラグ。 一歩踏み出すのも難しいのに、ましてやねずみを1ヘクスの枠の中に入れるなんて至難の業です。
e0007017_8114541.jpg

結局…Sallyさんに漁夫の利を得られる形になって入賞ならず。
無念の敗退と相成りました。

「入賞は…Jman、oioi、Sally、Minyaでしたー」
e0007017_813774.jpg

(REDMAN): !
(spring): hawker sarawareta-
(Sorcerer): Now wecapturedthem! 「我々は入賞者を捕まえた!」
(Sorcerer): all prizez are our! 「賞金は我々の者だ!」

な〜んとSorが乱入してhawkerさんoioiさん
SallyさんMinyaさんを誘拐してしまいました。
e0007017_814664.jpg

(REDMAN): * bol flas *
(Sorcerer): ouss
(REDMAN): * bol flas *
(kulumia): gege
(Jman): nice

弱!
レジストマジックいくつだ?ライトニング2発でSor昇天。
すかさずルートするspringさん(笑)
(後でRed wizard Hatもらいました。)

「コウモリ穴かな?」という情報で街にワープ。
springさんが飛び込みましたが…5秒後に血まみれになって出てきました(苦笑)
先日もコウモリ穴でRTQがあったので、だいたいの予想をしつつ飛び込んでみるとやはり入り口に木が密集。なかはゾンビとジャイアント、目玉に毒エレ。
たちまちゾンビに囲まれ決死の思いで逃げ出すREDMAN。 おとなしく後続部隊を待ちます。
e0007017_8152872.jpg

Uzakさんが到着したところで突入。
たちまち混戦に。
ゾンビ2体に撫でられてGHP飲みっぱなしのREDMANはいきなり戦力外。死者もぼつぼつ出てるところでRed Dragon登場。これはキツい。まだ雑魚がいるのにドラゴンと戦うのは大変です。
e0007017_8164597.jpg

そこに現在進行中のRTQキーパーソンTakami少年が通りすがり。
すごーく気になったけど今は誰も動けません。
e0007017_818999.jpg

最後はやっぱりUzakさんがタイマン。無事退けました。
そして洞窟の奧にとらわれの人々。
何故かREDMAN以下、ワープさせられて「まだ何かあるのか?」と思わせましたがすぐ何事もなく解放(笑)
e0007017_8202176.jpg

そして神殿にて賞金の授与。
死体が一杯串刺しになってるのはSorのイヤガラセ?
もしかしたらラットレースに参加したかったのかも。
e0007017_821537.jpg

「で、チャンピオンがいないんだけど」
「!」
Jmanさんの姿がありません。
「それって結構やばいんじゃ…?」
「まだ別の所にさらわれたのかな」
Call GMで聞いてみると「IDにいます」との事。
「さらわれた後、みんなを捜してねずみ穴に行ったんだけど、いないから今度はIDにいって奧まで捜してた(笑)」
いつの間に(笑) やはり早いですJmanさん。
e0007017_8214656.jpg

最後に一位のJmanさんの授与が済んで本日のイベントは終了〜。
みなさんお疲れさまでした〜。

これこれ、ラットレース。これがやりたかったのです。
文中でもラットが画面端から消えないようにするのが大変、と言っていますね。やっぱり017の時代はペットの足は固有の速さで、プレイヤーが並走するのは大変だったんです。
それが018だと、どんなペットでもheelならプレイヤーと同じ早さで移動出来るようになっており、それを私が知らなかったのが誤算でした。

[PR]
by chronica | 2010-01-11 08:26 | 0.17
リサイクル日記17
10/1

ログインすると木が生えてました。
e0007017_8431517.jpg

「Sor?」「多分ね。」「見てないけど。」
どうやらいきなり木だけがわいた模様。
Sorだとは思いつつも姿が見えないので不気味です。
通り過ぎる人がみんな不思議そうにするのを見ながらいつものように談話。
今日はdenchimaruさんもいます。
と、
e0007017_844167.jpg

壁際にいたはずのdehchimaruさんが突然ワープ。
(hiyoko): a
(denchimaru): !!!!
(shumari): a
(tes): ?
(denchimaru): ??
(Saeko): !
(gon): o-
(shumari): ??
(hiyoko): denci ga
(Saeko): SOR!!!!!!!!
(gon): sor?

なんだなんだ?とみんなで興奮状態。
「俺もワープさせてー」とか虚空に叫んでみますがSorは出てこず。
さらに。
e0007017_845886.jpg

(Saeko): !
(tes): w
(Saeko): gonchan!

gonさんが壁を越えてワープしたのをきっかけに次々飛ばされる皆さん。
そして今までは近距離だったワープが次第にひとり、ふたりと見えない場所に飛ばされていき…
e0007017_846732.jpg

ついにREDMANもbankではない場所に飛ばされました。
「どこよ?」「廃墟」「砂漠だ」
結局話をしていた全員が砂漠のGH廃墟に飛ばされていました。
(Sorcerer): MUWAHAHAHA
(Saeko): !!!!!!!!

e0007017_846591.jpg

ようやく姿を見せたSor。
どうやら頑張って街に戻れ、という事みたい。
真ん中の宝箱にはご丁寧にグリーンクリスタルが10個。
「じゃーポータルまで行きますか。」との事でみんなで上を目指します。

途中色々出てきましたが全て無視(笑)
鳥とかサソリとか竜巻を引き連れながら砂漠を爆走する一行。
「絶対ドラいるよ」とか言ってたんですが、雑魚が大量にわいただけで無事ポータルに到着。
e0007017_8475224.jpg

で、ポータルには木が生えてて目玉がいて、なおかつトカゲとか、ポータルまでついてきた鳥とかが集結してました。
途中メンバーとはぐれてしまい、
面子がクレリックgonさん
ファイター(レンジャーでしたっけ?(汗))ryo-samuraiさん、
ウィザードREDMANの3人。
結構しんどかったです。回復役のgonさんは大変。
で、気になる真ん中の箱は…can't take。
e0007017_8484919.jpg

半分程片づいたところで後続部隊到着。
危なげもなくけちらしてポータルの掃除終了。
全員無事に帰還です。

さて、再びbankでまったりしていると画面の隅を通るTraderの名前。
「うわー、今まで見た事無かった!」
と、わき目もふらず走ったREDMANですが見失ってしまいました。
がっかりしてbankに戻りましたがしばらくするとまた画面下にTraderが。
e0007017_8493848.jpg

(Trader): Hey hey
このトレーダーさん、ゲーム上で何の役にも立たない亀の甲羅とか存在自体が謎なアイテムを集めるとお店では売っていない貴重な色の服と交換してくれます。
続々と周りに人が集まってきました。
何故釣り竿を持っているのか、とか色々謎な人。
服の色選択もなかなかオシャレで良い感じです。
「ヘイヘイ、さあ、何を交換する?」
聞いてきたのでgonさんが「iwant gray jes」と答えると
(Trader): o
(Trader): Sorry gon
(Trader): gtg(gtgってなんだ?)
(Trader): sorry
(Trader): see ya
(gon): zan nen

あらら、消えちゃいました。 でもまたすぐに
e0007017_8511951.jpg

(Trader): Hey
(Trader): again ;P
(gon): i want gray jes
(Trader): I've just trade to LIZ, so I'll stock up on.
(Trader): Now I have nothing ;)
(asta): arya
(gon): soka
(Trader): See ya next time =)

なんだそりゃー。リザードマンと交換したって?
すると
「リザードマン倒せば…倒せば手にはいるかも」
自称非戦闘員cleのgonさんがいつになくアクティブな発言(笑)
剣と盾も構えたりして、どうしても帽子が欲しいみたいです。
「じゃー行きますかー」

砦に爆走する物欲のカタマリプレイヤー達。
乗り込んだ砦は…いたって静か。
箱が2つだけ有って中はプラチナリングとエビQUESTが2つ。
「まー、リザードマンに渡したとか言うのは演出だろうし。」
しばし砦を占拠してからそう言う結論に達し、戻りましょうと砦を出ると
e0007017_8522981.jpg

(tra):ヘイヘイ
(stefan):トレーダー、ハイ
(tra):なんてこった!う〜ん、コイツは…(汗)
(ryo-samurai):何しに来たのー?
(tra):アンタらとっても…
(REDMAN):とっても?
(tra):…
(REDMAN):何か交換するもの有るー?
(tra):オレは彼らにアイテム届けに来たんだが…
(tra):しかし彼らは戦ってるし
(tra):死んでるな。
(ryo-samurai):ゴメン
(igachan):(笑)
(Stefan):リザードマン達は何を配達して貰う予定だったんだ?
(Trader): *smiles*
(Trader): ソイツは秘密事項ってヤツさ(^^
(Trader):仕方ない。彼らは死んじまった。オレは店に戻るよ。
(Stefan):リザードマンは全滅した訳じゃないぜ?
(Trader):ふむ…。まあそうだな。
(Trader):彼らはオレの商売とは切っても切れないお得意さまだからな
(Trader):…彼らが生きて、また注文に来る事を祈るよ。
(Trader):オレは争いは苦手なんでね。
(Stefan):あんたはLv7ファイターだろ?戦うの苦手なのか?
(Trader):そうさ、俺は実際剣を握る事が出来ないんだ
(Trader):何故なら…剣や鎧は商売道具で売っちまうからね(笑)
(REDMAN):(笑)
(Trader):じゃあな
(REDMAN):またねー

結局交換は出来ず。
おとなしくbankに戻りました。

本日のRTQは比較的危険度は低めの、ロールプレイを楽しむのをメインに置いた感じでしたね。
Sorの前にREDMANは存在すら知らなかったtojikoなるNPCのRTQも有ったそうです。そちらも危険はなかったとの事。
こういうRTQもたまには良いものですね。

あ、私Stefanと狩りに行った事あったんだ(笑)
[PR]
by chronica | 2010-01-09 08:54 | 0.17
リサイクル日記16
9/29

週末の早朝、深夜はまず間違いなくRTQが起きるのでPCにかじりつきです。
そんなわけで「何か起きないかな〜」とbankにとどまっていると…
(Sorcerer): Hello

e0007017_8182586.jpg

Sor登場。
Isoldeさんに斧で斬りかかってるように見えるのはこの時、「走りながら木を切る方法」ってのを教えて貰ってたから(笑)
(Sorcerer): hmmm
(Sorcerer): I think there are no Druids...

ドルイドを捜しているというSor。
あわててscampメンバーのnoricoさんとgineさんを呼びます。
(Sorcerer): Oh, gine & norico are druids hehe
(Isolde): you can choise as you like hehe
(Sorcerer): oh ok
(Sorcerer): see you soon

そのままパッと消えてしまったSor。
「?」とりあえずbankを一周して他の人のところにいないか確認して戻ってくると
(tescle): nori to
(tescle): gine ga
(tescle): sarawareta w
(REDMAN): bu-
gine: Location unclear.

というわけで誘拐イベント発生です。
ねずみ穴?ID?BD?
「別次元で連絡取れないの?」と聞くと「BDだって」との返事。
そしてすぐにSor登場。
(Sorcerer): your friends are happy to live in the BD!
(Sorcerer): Good luck to resque them =P

e0007017_821539.jpg

そんなわけでBDにGO!です。

しかしまあ何というか、週末にRTQ有るってみんな判ってるから、この日の夜はbankにかなり人がいたんですよ。
BDにつっこんで進むうちに続々集まってくる参加者さん達。
凄い人混みとラグではやくも人混み酔いするREDMAN。
e0007017_823589.jpg

IceDragonだってなんのその。
これだけ人いると人数足りちゃって逆に何も出来ない人も出てきます。
e0007017_824017.jpg

BD最深部手前。
ここまで来たのはREDMAN初めてです。
なんでもこの奧は普段RedDraが、倒してもすぐその場で涌いてしまうのでプレイヤーが制圧する事は出来ない場所だとか。
無駄死にしてDraのLv上げないように入念に作戦が行われます。
(右上の宝箱開けようとして一人上に行ったら、(Uzak): kora と怒られたのは内緒(笑))

そして最深部へ。
GiantにForest Dra、Red Draと涌きまくりです。
前列の人はやっぱり毎回何人か死んでました。
REDMANはpurすら届かない場所にいるので朝から未だ死亡経験無し。(人が多すぎで前にでれないんですよ)
e0007017_8252420.jpg

間抜けな事言ってますがコレ結構怖かった図。
Red Draはまだ健全に生きてるわけで、戦士さん方が倒れてターゲットされたら死亡確定です。
e0007017_8262914.jpg

倒した後さらに2匹目〜。手こずりました。死者続出。Ghostの壁で押さえてUzakさんが頑張って討伐。
e0007017_827824.jpg

noriさんgineさんと無事合流。
で、待望の箱。
上二つは誰か取っちゃって判りませんでしたが、下二つはspringさんが開けて、Druidさんがmagic lockはずして…REDMANがmagic trap解除する事に。
不安だな〜。 Magic trapかかった箱を解くのは初めて。
とりあえず上の方に2回かけて。remove trap試したらnot trappedのメッセが出たのでget。2000 gold piecesとWar Hammer of Speed (+10)。下は何かな、と解除一回かけてget。

どーん
(REDMAN): ge
(gine): * pur *
(hori): w

解除できてなかったみたいです(T_T )
40位ダメージ貰いました。
中身はBottle of Black Dyeと Bottle of Yellow Dye。
裁縫上手くないしjess hatもプレイヤーは作れないしな〜。
Cerilが着てた黒Tシャツはちょっと欲しいけど、lv4だから多分作っても失敗だろうな〜、と思いつつとりあえずGet all。

で。Uzakさんご立腹。
奧に先走った外人プレイヤーさんが連れてきたRed Dra2匹でごらんの通り。笑うしか無し。
e0007017_8305235.jpg

割と最後の方まで生き残ってたんですけどね。
真横にDraが来ても落ち着いてポーション飲んで隠れてたんですけど…まわりが全滅しちゃったんでDetect Hideされて一撃死。本日初のワンナウトです。
ほぼ全滅でしたがそれでもやっぱり生き残ってる人は生き残ってるわけで。
Cleのspitzさんに蘇生頑張って貰って帰還準備です。(結局noriさんもgineさんも死にましたね。本末転倒。)
e0007017_832784.jpg

先のRedDra2匹を討伐しながら帰還。例によって死亡する先発隊。
しかしやっぱりUzakさんは強い!回復部隊が追いついてないのに前の人がどんどん先いっちゃって 続々死亡してるのを見たときは再びイヤな予感がしましたが、コレほとんど一人でターゲット引き受けて一人で切っちゃいました。

街に帰還。
週末のRTQ、まだ終わりません(笑)。
帰ってくるとお店の前にTrollの死体とプレイヤー数名。「Sorです。お城。」との事なので休む間もなくお城へ。
橋が例によってBraで埋め尽くされてるのを伐採。で中に入った途端…
(REDMAN): ddd
もう赤ドラはいいです…。
お堀に飛び込むREDMAN。と。
e0007017_8392694.jpg

やーめーてー。
(Sorcerer): How about you...?
(REDMAN): no thx
(Sorcerer): is it ok?
(REDMAN): wait
(Sorcerer): 3
(Sorcerer): 2
(Sorcerer): 1
(REDMAN): wait
(Sorcerer): GO!

e0007017_8402782.jpg

(Sorcerer): oops
(Sorcerer): Silly monsters!

くっ…この!
(Sorcerer): okay now again
(REDMAN): no!
(Sorcerer): 3
(Sorcerer): 2
(Sorcerer): 11
(Sorcerer): 11?
(Sorcerer): huh it's okay
(Sorcerer): You play with our red Dragon

完全に遊ばれてるな〜。
赤ドラをトラップで爆殺して、更に涌いた青ドラも倒して…本当に今日はドラゴンづくし。

ようやく一息ついてbankに戻ると、現在噂になっているStefan発見。 まったりとプレイヤーさん達とトークモードに入っていると…
(Stefan): Sorcerer
(Medicus): Sorcerer
e0007017_8425454.jpg

まだ出るか。
(Sorcerer): Well I'm so happy I see Bane miru and Stefan...
(Sorcerer): Well I think Today is also good day to de
(Sorcerer): die*
(EO): w
(miru): good day? why?

e0007017_8434025.jpg

Bra涌いた〜!
たちまち身動き取れなくなるbane3人(笑)
baneゴッコしてたのでRoR装備だったREDMANは安心。(いつも赤のRoP、黒のRoRを持ってます。)

もういい?まだあるんです(笑)
木を切って今度こそと一息ついてるとStefanが走ってきます。
(Stefan): FOREST DRAGON!!!!!!! HELP!!!!!!!!!
e0007017_8453147.jpg

UzakさんとStefanが一悶着。
う〜ん、さっき散々BDで人死にが出たので、ひとりで突っ走る戦士をたしなめるUさんの気持ちもわかるし、この場合は「町中のドラは危険だから海に引っ張ろうとした」っていうStefanも道理かな〜。この辺は人それぞれのプレイスタイルだから微妙なとこですよね。(一番ずるいまとめ方(笑))

で、倒したドラのルートでまた外人さんとひと騒動。う〜ん、この辺の問題もなあ(笑)

後はSpringさんが通りかかったので黄色と黒のDyeをプレゼントして。
あと今の森ドラで何も貰わなかったって言うnoricoさんに2000gpをプレゼント。誘拐された事だし記念に渡しときます(謎)
のこりはWar Hammer of Speed (+10)だけど…これは戦士さんに押しつけよう(笑)
こういうアイテムの分配も難しいですね。
特に今回のBDなんか人いっぱいいたし…。

で、もう一時近く…。
休み終わっちゃったんで夜更かしすると次の日が辛いです。

今は全色のDyeや衣類が普通に売っていますが、当時は店先に並ばない色の衣類があったので、Dyeは貴重品でした。
BDというのはBone Dungeonの略です。Aborekみたいなブロック上の部屋がいくつもあるダンジョンです。アクセスが容易で、初心者殺しのダンジョンでありました。

[PR]
by chronica | 2010-01-05 08:50 | 0.17
リサイクル日記15
9/21

狙ったかのような鯖落ちであみだくじイベントが延期になった翌日、土曜日の昼下がり。
気を取り直して明日の鬼ごっこイベントの為に一人岩を掘っていると
*Squeek!*

の警告が。
e0007017_22362172.jpg

「squeekってなんだ?」
手持ちの電子辞書で調べてみると
squeeze:圧搾する 強く握る

「???」何の事やらわかりません。
まだ警告が続くのかなと思いきやそれっきり。
とりあえず街に戻るかと歩を踏み出すとやたら重い。
うんせうんせ言いながら街へ帰還。
そこは地獄でした。
e0007017_22382961.jpg

「なんじゃこりゃ〜!?」
町中がねずみだらけ。
お、重い。
ねずみの攻撃力は弱いものの囲まれて前に進めず、なおかつラグがあるとローブ一枚では結構危ないです。
pala fieldを撃ってとりあずBANKへたどり着くものの、人がいない。
必死こいて他プレイヤーを探しなんとか体勢を立て直します。
(ちなみにSqueekはsqueakでねずみなどがちゅーちゅー鳴く、という意味だそうです)
e0007017_22401872.jpg

き、綺麗?
e0007017_22404041.jpg

お城も。
e0007017_22405934.jpg

極めつけ。WIZ冥利に尽きます。気持ちいいー!

切っても切っても一瞬で大量にわくねずみたち。
しかも際限がありません。
「ねずみ穴じゃない?」そう思い一度足を運んだんですがいつも通り。
仕様が無く再びねずみ狩りにもどります。他にする事ないし。
しばらく切っているとようやく打ち止めになったみたいで再び警告。
The recent rat problem seems to because of a disturbance in the sewer.
Only the bravest should consider investigating. -- Town Crier

う〜ん、英文がよくわからないけどこのねずみ騒動の原因は地下の騒音のせい?
騒音、って…リセットの度にプレイヤーが箱目当てで乗り込むからなのかな?
とりあえず「行ってみますか。」 再び地下へ。

しかし訪れた地下はいつもと変わらぬ様子。
ねずみもぼちぼち出てきて何の変哲もありません。
「ふつーだねー」
のんびりとそう言ったとき…


騒音の主は姿を現しました。
e0007017_22443959.jpg

Red dragonだ〜!(笑)
こいつのせいでねずみが大量に外に逃げ出したんだ。
とりあえず隠れるREDMAN。
この辺はIDに潜ってる経験で慣れてます。目の前をdraが通っても
目が赤くなってなかったら落ち着いて薬を飲めば大丈夫。
しかししかし。大丈夫じゃない人たちもいて。

(ha*pe): oooOOOoooOOOooo
(MIY*ZAKI): oooOOOoooOOOooo
一人死に、二人死に…

体勢を立て直し蘇生して相談してるところへ再び

(Ba*bi): oooOOOoooOOOooo
(S*JI): oooOOOoooOOOooo
(Bat*sta Jr): oooOOOoooOOOooo
(MIY*ZAKI): oooOOOoooOOOooo(二度目)

logには残ってないけどあちこちで断末魔の声が聞こえてました。
これはまずい。もうドラゴンのレベルは限界値の10に達しているはずです。
ねずみ穴は地理がドラゴンを倒すには不利に出来ていて、REDMAN、とても毒殺する勇気がありません。
(というかもうLV6を越えた時点で毒が効かない)
急に不気味なほど静かになった地下を決死の思いで抜けて地上に援護を頼みに出ます。
e0007017_22474897.jpg

(REDMAN): lv10 koetemasu
(REDMAN): red dra
(REDMAN): nezumi ana ni
(sarukiti): lv10 fig janaito
(Nabechun): nandeyanen....
(sarukiti): muri

う〜ん。
やっぱりねずみ穴は難しいそうです。
トラップもねずみが踏んじゃうから成功しないし、レベル10になっちゃったらファイターとクレリック4、5人用意しないと無理とか。
「やめとこ」「死ぬだけだよ」
え〜。う〜んう〜ん。
そう言ってるうちにもみんな死んでるんだよう…。
The bravest have all died. (allじゃないぞ(笑))
Now accepting anybody to help in the sewer.
Seriously. -- Town Crier.
Killing the dragon would be the best plan of attack -- Town Crier

次々警告が。
じゃーひとつ死んでも良いキャラで偵察にだけ行ってみるかということなので、REDMANもついていきます。

(ayarin): yata-
(ayarin): otu-
(hampe): oo
(Kreig): !!!!!!!
(Sadakichi): ^^
(Yamisuke): otu-
(Kreig): otu
(Syo): otu-
(Sadakichi): omedeto=

あらら。終わっちゃってました。
e0007017_22503042.jpg

まあレベル10のドラ相手にwizができることなんてないからいてもいなくても同じなんだけど…ちょっと残念。

ドラを切ったのは直前でログインした人たち。
初めからいた人は最初に死んでドラを強くしただけでした(笑)
外出るんじゃなかったかな?(笑)
いや、でもsyoさん呼べたしな…

とりあえずめでたしめでたしな週末のRTQでした。
[PR]
by chronica | 2010-01-02 22:56 | 0.17
リサイクル日記14
日曜日。
午後からずっとscampさん達とIDに潜ってて、再びログインしたのは夜の10時半。
宝物の分配をしようと思ったんだけどbankには誰もいない。
Orbしてみるとどうやらみんなお墓にいる模様。
それでは、とお墓に行ってみると…おや。
e0007017_124390.jpg

黒服に身を包んでいるのは第二王子Ceril。
何故王子様がこんなところに?
まわりのみんなはいつものようなプレイヤー同士の雑談を全くせずに黙々と戦ってて 、空気でRTQ中であるとわかりました。

おおよそ予想は出来ましたが、後でみんなに聞くと、王子様はお墓参りに行くためにバンク周辺の人間にガードを頼んだそうです。
ステータスを見ると彼はLv4のWizard。
大勢のプレイヤー達に守られながらたまにライトニングボルト撃ったりしてました。

入り口のBrackenを切り倒し、骨とZombieを倒しながらのんびりとお墓内部へ。
今回のRTQ、本当に「のんびり」してました。
何故かというと原因は当のPrince Ceril。
プレイヤーがBrackenを次々切り倒していると、後ろで感心して「こういうのを"TIYOI"というのだとSethに教わった。」「"TUYOI"ですよ」と周りのプレイヤー。「ああ、TUYOIか。」
内部に入って後ろで離れているCerilをみてUzak卿が 「王子、こちらに来て安全な皆の中の方に。」」「ああ。Lord Uzakがいるのだから安全だ」 とか、なんだか幼いというか安心しきっているというか。
他のGMやNPCは何というかプレイヤーより偉い、とか強いイメージがあって、彼らを前にするといつも緊張するんですが、彼はプレイヤーより弱く「守ってあげなければいけない」新しいタイプのNPC。
「"machi""ginkou"。私はもっと多くニホンゴを学びたい。」と自分のペースを崩さず、みんなそんな彼に自然に好意的になっていました。

さて、最奧。
入り口のBrackenを切り倒しCerilが中に入ります。
e0007017_12143140.jpg

e0007017_12144796.jpg

実はこの時気が気でなかったREDMAN。
何故ならつい先日の経験があるから(笑)
いつ赤Sorが現れるかわかったものではないので、ずっとライトニングボルトの照準を合わせてました。
e0007017_12154261.jpg

e0007017_12155337.jpg

e0007017_1216051.jpg

良い子ですよね。
実母が退けられたのにIanを恨むでもなくこうして報告に来ています。
(my motherって言ってますけど…Queenて死んだの?)
「雄々しきIan、心優しきCeril」というかんじです。
彼が政権を求めてIanと対立し剣を交える様な事にならないのを願います。

Prince Ceril:Thank you fellows
Prince Ceril:And now,let's back to our town

さあ、街に戻ろう。ということで階段を下りると「ああ、忘れていた。」と王子。
「Susanの墓標はどこだい?」

Uzak卿の案内で墓標のあった場所へ。
モンスターも出現しなくなり静かなお墓の中、みんなで花を添え黙祷します。
e0007017_12172235.jpg

このRTQ、今までREDMANが参加したイベントのなかで一番良かったです。
Dragonみたいな強い敵が出てきてみんなでやっつけるRTQも面白いですが、今回のは完全情緒派タイプですね。
Susanの墓標の前で黙祷を捧げた時は、ゲーム画面を通して静かな墓地に吹き抜ける風、先の戦いの記憶、死んでいったNPC達が自然脳裏に浮かびジーンと来ましたよ。
綺麗なグラフィックとか壮大な音楽とかが注目されるRPGですが、やっぱりそれだけじゃないですよね。
リアルタイムで経験してきたからこそ得られる感動、大人数オンラインゲームの本領発揮、な部分ですよ。
比較的時間も短い、小さなRTQでしたが、一連のイベントにもケリがついたことを示す本当に大成功なRTQだったと思います。

さて、帰りも何事もなく無事帰還。

Prince Ceril:I'm very glad:)
Prince Ceril:Thank you citizens ,and see you
e0007017_12185586.jpg

「また何か頼む事があるかもしれない。その時はお願いするよ」
そう言ってCerilはお城に帰っていきました。

おまけ

王子が帰ってから10分くらいたってから。
e0007017_12225243.jpg

e0007017_1223369.jpg

「おや、そこにいるのはCeril王子ではないか?」
いないっつーの(笑)

多分アレですよ。
銀行に帰ってきたところをGMはひと騒動起こそうとしてたんでしょうが、どういう理由でか完全に失敗したのではないでしょうか。
「Greeting, worms」例の挨拶をして一瞬で消えてしまいました。
意味不明だー(笑)
まあFear the Baneも聞けたしこれで名ゼリフ両方とも聞けた事だから良いか。

あけましておめでとうございます。今年も気まぐれに更新して行こうと思います。
さて、Ceril王子登場の回ですね。
ぶっちゃけましょう。このCeril王子、018で我々の知るCecilじゃない?
QueenがDuchessならばCerilがCecilであっても不思議ではないと思うのですが…。Cecilは昔の事も良く知ってるみたいですし。
どこまで018のストーリーが語られるかは謎ですが、とりあえずこれが私の推理です。

[PR]
by chronica | 2010-01-01 12:27 | 0.17
リサイクル日記13
10日のお昼頃からず〜っとログインできなかったOberin。
一日経ったお昼過ぎ、ようやくログインできたのでリセット後をねらってCarthへ。
e0007017_9522699.jpg

ポータルを抜けるといきなりBrackenさんのお出迎え。
さっくり切り倒してうろつき回っていると、あちこちにBrackenはいるんだけど…Ashが落ちてない!
ホントにここはCarth?って言う位落ちてない。
10分くらいまわって絶望的なのを確かめると、諦めてポータルへ。
画面端にPoison Eleが見えるけど、気にせずGreen Crystalをぽとり。
ぽと…固まった。

イヤ〜な予感を残しつつ、再びログイン出来る様になったのは6時半頃(だったっけ?)
羊が原にぽつんと立ってるREDMAN。
時間が戻ったみたいです。…まあRed Crystal無駄にしなくて良かったかな。
で、12時過ぎ。
結構重かったんですが、お墓参りに行こうと、お世話になっているGuild Scampさんメンバーについていって、しばしlagのなか骨達と格闘。
入り口で戦っていると…
(Sorcerer):Greetings fellows.
(gon): ge
(REDMAN): nu
(yasuda kei): a
(Yamisuke): hello

うわ〜赤Sorcererだ〜。
一瞬現れてすぐに消えましたね。
と、次の瞬間には
e0007017_9523647.jpg

REDMANひとりお墓の奧へ飛ばされました。
赤sorと黒sorがいて、赤は比較的危険度は低い事を聞いてはいますが、やっぱり一対一で向かい合うとちょっと怖い。
(Sorcerer): Welcome to my house!
(REDMAN): thx
(Sorcerer): Good day to die!
(REDMAN): lol

笑い飛ばしてますがこれが精一杯の虚勢でした。
e0007017_9524628.jpg

さて、どうしたものか。
一応この誘拐タイプのイベントでは、さらわれた人は他の人が助けに来るまでなすすべなく待っとくしかないんですが、私は他プレイヤーさんと連絡をとる手段がないので、これからどうするか確認が出来ません。
みんないなくなったことに気づいているのか、ここにいることを知っているのか、助けに来てくれているのか。
幸い入り口はBracken一匹のみ。
散々切り倒してきた敵だ、恐れることなど無い!とPkatanaを振ります。
中に骨が一匹涌いたけどライトニングで処理。
e0007017_9525330.jpg

e0007017_95318.jpg

(Sorcerer): take care...;p

お褒めの(?)言葉を頂いてBrackenを成敗。

さぁ、ここから。
さっそく画面全部の敵にターゲットされたのを、Invisi P飲んでSkeltonのターゲットをはずし、Bone MageにDetectされる前に麻痺床。姿が現れると同時に入り口にダッシュ!
走っていくと剣と剣のぶつかり合う音。
無事みんなと合流。
e0007017_9565029.jpg

あとは定番の入り口Bracken増殖、中でGiant2体Gaper3体Zombie複数と骨、BMと乱戦に。
滅茶苦茶ポーション飲みました。こんなに飲んだこと無かったです。
ライトニングボルトマシーンと化すREDMAN。
手持ちのMana Pも尽きAshも150くらい減りました。
またCarth行かないと…。

まだSkeは涌いてましたが波は収まった頃、待望のお宝タイム。
e0007017_957572.jpg

e0007017_95855.jpg

お約束の「取れないQuest」とMagic Rockのかかった箱一つ。
中身は…2500Gでした。
e0007017_9584267.jpg

うん、でもまあ面白かったです。
誰も死ななかったし、適度にドキドキしましたね。
皆さんお疲れさまでした。また遊ぼう。

夜にログインしてると、色々プレイヤーと遊んでくれる赤Sorcerer。
彼に遊んでもらいたくて、夜ログインが習慣化したりしてたので、今の人少ないOberinに必要なのは彼みたいなキャラクターなんじゃないかなぁ、とも思ったりします。

[PR]
by chronica | 2009-12-28 10:02 | 0.17
リサイクル日記12
もし、ある日曜の朝、 あなたがログインした途端、 周りがlava蜘蛛とgiantだらけだったらどうしますか?
それこそ合間も無いくらい画面が埋め尽くされてて、逃げ場がない場合どうしますか?

GHPがぶ飲み?
Invisiがぶ飲み?
e0007017_9291320.jpg

正解は状況を把握する前に死亡、です。
気づいてポーション飲んだときには死んでるでしょう。
というかこんな状況にわかには信じられないでしょう。

昨日Carthにいって散々ash拾って遊んでたんですよ。
疲れて眠くなっちゃったんでポータル抜けてその場で落ちたんです。
それがこんな事になるなんて…
e0007017_9311865.jpg

しかしこれは一体何の冗談?
為すすべもなく死体の上で立ちつくしていると、次々と、本当に際限なく蜘蛛がわき出てきます。
ポータル近辺は本当にプレイヤーが近づけないほどのモンスター。
ついに破滅の時が来たのかなとか思ってしまいましたよ。
何が起きたのか把握するためにlogを見てみたら…
(Stefan): LOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOLTH!

(LOLTHっていうのはGMの名前です)
しかしlogはこれだけ。なんのこっちゃわからんと思っていると
The Giants and Spiders are coming through the portals in waves now.(GiantとSpider達が次々とポータルを抜けてやってくる)
(Stefan): AAAAAAH
Wonder where they got all those green crystals...(彼らはどこからかGreen Crystalを手に入れたようだ)

ヘンな雑音が混じってましたがどうやらgreen crystalを手にしたモンスター達が続々とポータルを抜けてきた模様。
つまり…?
lava蜘蛛が出てきてるって事は、lava dungeonで何者かがモンスターにGreenを渡して街を襲わせてる…?

あてどもなくポータルの上で立ちつくしていると、それでも蜘蛛の合間を縫ってプレイヤーさん達が来てくれます。
しかしcleは盾になってくれてるfigの回復でresまで手が回らない模様。
Medicusさんが来て死体の上に乗っかってくれて
(Medicus): go!
との事。
意を決して神殿にダッシュ。そこまでは良いんですが…誰もサポートしてくれないんですね。まあ皆さん手一杯なんで仕方ないんですけど…
e0007017_9355595.jpg

そしてDeath again。Medicusさんも死亡で申し訳ない。
2度目は全裸で川に逃げ込んでスキを伺い何とか無事回収。
みんなのサポートに回ります。
e0007017_9363075.jpg

しかし毎度ですが死者続出ですね。
あれだけいた蜘蛛も何とかなるもんでほぼ掃討。
Looks like they ran out of crystals. (彼らのクリスタルは尽きたようだ)
Once again, the day is saved.(また日常は救われた)

ひとまず波も去った模様ですが今日はまだこれから午後も気が抜けない予感です…
[PR]
by chronica | 2009-12-26 09:38 | 0.17
リサイクル日記11
政変最終話

リーダーIanの登場で意気上がるプレイヤー達。
「我らの城を取り戻すぞ!」
言うや否や、Ianがダッシュ
早!
足早いぞIan!
みんな追いつけません。
これは…チャーンス!(何が?)
e0007017_8133162.jpg

はい、パチリ。
バッチリ二人きりでスナップショット。
ポータルに到着後もさりげにお側に陣取るREDMAN。
e0007017_814147.jpg

(Stefan): TO THE CASTLE! LET'S MAKE IAN OUR NEW KING!(城へ向かえ!Ianを我らの王にする時だ!)
(Manorien): here we goooooo
(oioi): Go!
(Jeros): LONG LIVE KING IAN!!!(Ian王万歳!)

凱旋というのはこういうものなのだな、と思いました。
LONG LIVE KING IAN!!!
みんな諸手をふって城へ向かいます。
そして城へ行く途中の神殿。 いましたよ。
(Tholarius): So.
(Tholarius): You attack.

権力の犬であったLv2の魔術師は、いまや偉大なる青いピエロです。
(Medicus): heh
(Jeros): TAKE THE CASTLE! (城を手に入れろ!)
(Escalus): HAHAHA
(Escalus): Ian Faction rules!
(Jeros): LONG LIVE KING IAN!!!

目の前を次々に取りすぎるIan sideのプレイヤー達を呆然と眺めるTholarius。
彼は信愛する主が既にこの世にいないことも知りません。

凱旋
e0007017_8212223.jpg

e0007017_8213144.jpg

続々と詰めかけるプレイヤー達。
オンラインで人に酔う、と言ってるのがよくわかりました。
もうスゴイです。QueenもIanも何いってんだかわかりません。
話が進まないのをいらだったGMが、プレイヤーの一角を丸ごとbankに飛ばすという騒動も起きましたが(笑)そんなの無意味。みんな再び城にダッシュです。
e0007017_8222789.jpg

広間は大人数のIan side。対するQueenは壁際に追い込まれ、脇にはSwift、Tholariusのみ。
「城を取り返しに来た」とIan。
悠然と構えるQueen。
「下がりなさい。その気になれば私はブラックドラゴンを呼び出すことも出来るのですよ」
「Book of Deadはここにあります」Sethがゆっくりと進み出て言います。
顔色の変わるQueen。
「それはDomiusの?私の魔術師はどこ?」
「もういません」

明らかに動揺するQueen。精一杯の虚勢で言います。
「Ianあなたは私に怒っているの?」
「あなたは違法にこの広間を手に入れた」
「私にはその権利がある!これを見なさい!」
その手には王の証のRingが輝きます。
「それを取り戻しに来たのですよ、母上」
「そんなことが出来ると思っているの? 」
「Dominusも Grentonも死にました。あなたには何もないのですよQueen」とSeth。
「あなたにはもう味方も力もありません」
(oioi): the tyrant must be banished (暴君は消えろ)
(Jeros): LONG LIVE KING IAN!!! (Ian王万歳!)

「黙れ!女王の前だぞ」吠えるTholarius。
「ガード、何をしているの王子をつまみ出しなさい!」
(Escalus): The guards hate you!(ガードはあんたが嫌いだとよ)

「あなたのガードは無力です。」Ian
(Swift): where are the Elite Guards!! (Elite Guard達は何をしている!)
(Escalus): Dead! (死んだよ!)

「聞きなさい私の戦士達よ!この者達を追い出すのです!」Queen
「この者達は皆私の同胞です」Ian
「嘘を!」
「市民は皆誰がOberinのリーダーかを知っています」とSeth 。
(Queen Lyrel): Silence! (黙れ黙れ!)
(Tholarius): Silence! (黙らんか!)
(Queen Lyrel): *grrr*

「指輪を返してください」Ian
「女王、どうか従順に」 Seth
「このRingは私の物だ!」
「いいえ、私の父の物ですよ」Ian
「覚えておきなさい王子。私は必ず帰ってくる!」
「私はあなたを永久にこの地から追放します」Ian
(Queen Lyrel): Banished!!!! (消す!?私を!?)
(Queen Lyrel): AHHHHHHAAHAHAHHAHAAHHA!

e0007017_827350.jpg

(REDMAN): hage!
王冠をはねとばされた女王。
もはや彼女には何もありません。
(Queen Lyrel): I will grow strong! (私はもっと力を手に入れる!)
(Queen Lyrel): And return! (そして戻ってくるわ!)
(Prince Ian): Begone!(去れ!)
「…私が行く前に…young prince…」

e0007017_8284275.jpg

(Queen Lyrel): I curse you! (お前を呪ってやる!)
(Queen Lyrel): * bol flas *

Sethに飛ばされる直前にIanに呪いをかけたQueen。
(Swift): my queen!! noo.....
Queenはいずこかへと飛ばされました。
(Stefan): We don't care about your curses!
(Prince Ian): Not much of a curse.
(Jeros): Hah, her own curse was reflected on herself!

「何ともない」という王子ですが果たして…

Ringも戻り、王女も消え…
広間は LONG LIVE KING IAN!!!の大合唱です。そして
e0007017_8351210.jpg

King Ianの誕生です。
「女王は戻ってくる!」
捨てぜりふを吐いたTholariusとSwiftがSethに飛ばされます。
(Seth): =B^P
(何気に物凄い場面だと思うんですが。Sethがお茶目に顔文字使ってます)
(King Ian): Long live the Kingdom!
(King Ian): Long live us all.
(Seth): You now take your rightful place Sir Ian. (あなたは今こそ正しい地位に就きました、Ian)
(Medicus): LONG LIVE KING IAN!!!
(King Ian): Thank you all.

e0007017_837104.jpg

King Ianが王座につきます。

水を打ったように静かになる一同。
皆が次にIanが口にする言葉を待ちます。
(King Ian): My first act. (まず私が最初にする事は… )

(King Ian): Seth will be my new Royal Mage!(Sethを我が新しきRoyal Mageにする事だ!)

(Stefan): YAAAAAAAY
(Thurisaz): Yes!
(Niki): yea !!
(Stefan): HOORRAAAAY
(analogic): yey
(apls): yes
(oioi): yay!!
(Manorien): YAY Seth!
(Seth): Oh...

すごく良い場面です。 ある地位にいた人物が落ちぶれて、最後に栄光を取り戻すってツボなんですよ。
柄にもなく感動して (REDMAN): SETH!! とか叫んでます。
(Seth): Thank you Sire. (ありがとうございます)
(Seth): I will server you till my dting day Sire. (私は私が死を迎える日まであなたに仕えます)
(King Ian): My second act (次にすることは )
(King Ian): will to have a large party, starting now! (大きなパーティを開く事だ!)
(King Ian): Everyone to the pub! (皆、酒場へ!)
(Stefan): PARTYYYYYYY
(Niki): yea !!
(James): :)
(Asher): WUHUUUUU!

e0007017_8422191.jpg

この3日間本当に長かった。
全体の3分の1くらい牢屋に入っていた気もしますし、先が気になって途中で抜けるなんてとても出来ず 一日中パソコンに向かいっぱなしでしたが、おおむね楽しいRTQでした。
参加された皆さん本当にお疲れさまでした。
しかしこのRTQはまだまだ後日談がありメデタシメデタシと言うわけにはいきません。 一見平和を取り戻したように見えるOberinですがまだまだ遺恨が残っているのです。
それらの話はまた機会毎に語られるでしょう。

政変RTQ終了。
to be continued "The March of the Black Queen"?

長かったですねえ。当時RTQは日本時間で22:00〜2:00くらい、深夜に行われる事が多かった気がします。寝不足は必至でした。
さて、Queen Lyrelなんですが、この記事を呼んでどういう印象を受けましたかね?私は018の、Belethの娘を殺し、BlackHandのTwinを従え、Mirithを乗っ取ろうとしたMirithの公爵夫人Duchess TIranaはこのQueen Lyrelその人に違いないと睨んでいたんですが…TiranaはMirithのGuad長に殺されてしまったらしいですね。プレイヤーがそのシーンを目撃したわけではなく、NPCのGuard長が王に向かって、倒して任務を果たしましたと報告しただけなので、まだ彼女が生きている可能性はあるわけですが。

[PR]
by chronica | 2009-12-25 08:52 | 0.17
リサイクル日記10
Book of Deathを手に入れDominusをここに呼び出し捕らえるというSeth。
一同が見守る中ゆっくりと詠唱が行われます。そして…
e0007017_8475939.jpg

(Seth): Get ready...
(Seth): * Mora *
(Seth): * Preldian *
(Seth): * Mora Olsa Gradion *
(Seth): * Onda Gradion *
(Seth): * Freal Agier *
(Seth): * Mora Asteria Grudion B'eihar *

e0007017_8485172.jpg

(Dominus): What? (何?)
(Seth): Dominus! (Dominusよ!)
(Dominus): How?(一体どうやって?)

e0007017_8495986.jpg

呪文は成功。ついにDomiを引きずり出します。
状況がつかめず呆然質実のDomi。(?が間抜けすぎて萌え)
(Seth): We have you at our mercy. (お前には慈悲を与えてやる)
(YuxuKun): * bol flas *
(Jeremy): * bol flas *
(wegoda): * bol flas *

慈悲を与える、というSethですが、先走ったプレイヤーがライトニングボルトを浴びせてしまいました。
そうすると集団心理と言いますか、もう全員で総攻撃に入ってしまい止まりません。
(Seth): STOP!! (やめろ!)
(Manorien): dont attack (攻撃してはいけない)
(Seth): We want him alive! (こいつは生かしておくんだ!)

Sethも制止もあまり効果はなく場は混乱するばかり。
e0007017_8532962.jpg

(REDMAN): * bol flas *
積年の恨み、というかREDMANも一発食らわせました(笑)

ようやく冷静さをとりもどしかけた一同。
まだ混乱したまま何もしゃべれないDominus。
Sethが口を開きかけたその時。

この場の最悪の結末は誰も予想しなかった形で、しかし一瞬にして訪れました。

e0007017_8541761.jpg


突然わきだした大量のIce Dragon!
「あ、ヤバ」と思った時は手遅れでした。
隣の部屋へ逃げようとしたREDMANの背中をブレスが一撃。
e0007017_8544978.jpg

まさに地獄絵図の阿鼻叫喚。次々と虐殺されてゆくプレイヤーキャラ達。
SethやDominusですら一瞬でGray Robeです。
(Bane Druid): Fear the bane!

まさか生でこの台詞が聞けるとは思いませんでした(笑)
(Dominus): BANE!
(Dominus): NO!
(Dominus): * bol flas *
(Dominus): ARGH!
(Dominus): I'm too weak!
(Dominus): * bol flas *

e0007017_8571066.jpg

e0007017_8571995.jpg

e0007017_8573784.jpg

(Dominus): I wont go back!
普段ならこんな無茶な攻撃があったら、絶対プレイヤー達から「GMの権限を利用した一方的な虐殺だ!」と不満の声が挙がるはずですが 、この場はもうみんな完全に「RTQ」に入っちゃってましたね。
Baneの力の違いを見せつけられみんなただただ呆然とするのみ。
人外の力に完全におびえてしまっているDominusを「可哀想だ」とまで思ってしまいました。
e0007017_8585742.jpg

Dominusを連れてBaneはいずこかへと去って行きました。
部屋の中は陰惨たる状況。
あんな混乱の中でも生き残ってる人は生き残ってるんですよね。
Cleのoioiさんほか1、2名が姿を現し蘇生をおこなってくれます。
(いつもすいませんoioiさん。REDMANのResの8割がoioiさんによるものです。)
(Seth):Looks like my plan didn't work. (私の作戦は上手くいかなかったようだ)
(Seth): The good news is Dominus is gone... (良いニュースとしてはDominusが去った事だが…)
(Escalus): the bad news. someone has to clean this place lol (悪いニュ−スは誰かがここを綺麗に掃除しないといけない事だな)
(oioi): lol
(Manorien): lol
(俺も上手いと思ったよEscalus。絶妙のタイミングだったし。)
(Seth): The bad news is that we could not use him to bring out the Queen. (悪いニュースは彼を使って女王を追い出せなくなった事だな)
(Seth): My plan failed... (私の作戦は失敗した…)

落ち込むSeth。だれがQueenを退けることが出来るか。思案に暮れる一同。
そこへ…
e0007017_922953.jpg

ついにIan王子登場!
(Prince Ian): Congratulations! (おめでとう!)
(Seth): Master Ian! (Ian王子!)
(Seth): I have failed you. (私は失敗しました)
(Prince Ian): Not at all, Seth. (とんでもない、Seth)
(Seth): The Bane took Dominus. (BaneがDominusを連れ去りました)
(Prince Ian): Dominus is gone. (Dominusは去ったのだろう)
(Seth): Aye. (は)
(Prince Ian): The castle is ours!(ならば城は我らのものだ!)
(Prince Ian): We shall confront the Queen! (我ら自身で女王に立ち向かうのだ!)
(Prince Ian): We are taking back our kingdom.(我らの王国を取り戻すのだ!)

みんなで城を取り返そうというIan。
王子の登場でみんなの志気も最高に上がってます。
いざポータルへ!

終わらなかった…。次回こそ最終回。
[PR]
by chronica | 2009-12-23 09:07 | 0.17